中等症から重症のアトピー性皮膚炎患者を対象とした、抗体医薬デュピルマブ(dupilumab)のフェーズ2b試験で、有望な結果が報告された。デュピルマブは、2型ヘルパーT細胞(Th2)仲介性の炎症に関与する、インターロイキン-4(IL-4)とIL-13の両方を阻害する完全ヒトモノクローナル抗体製剤。

ログインして全文を読む