中心静脈カテーテルなどの留置時に行う皮膚消毒にクロルヘキシジン(CHG)アルコールを用いると、エタノール含有ポビドンヨードを用いた場合より、カテーテル関連感染症の発生率を85%減らせることが明らかになった。

ログインして全文を読む