薬剤溶出ステント(DES)を用いた冠動脈インターベンション(PCI)は、冠動脈狭窄に対する標準治療だが、5〜10%にステント内再狭窄が発生する。ランダム化比較試験に基づくネットワーク・メタアナリシスから、ステント内再狭窄への治療法として、DESを再留置するならエベロリムス溶出ステントを使用し、再留置しないなら薬剤コーテッドバルーンで再狭窄病変に薬剤を塗布するのが他の手法より優れることが分かった。

ログインして全文を読む