Lancet誌2015年8月1日号の特集「From Hiroshima and Nagasaki to Fukushima」には、福島県立医科大学の長谷川有史氏らが、2011年の福島第一原子力発電所での事故の短期的、長期的な影響についてまとめた論文を寄稿した。

ログインして全文を読む