閉経後の早期乳癌患者に対するホルモン療法には、アロマターゼ阻害薬またはタモキシフェン(商品名ノルバデックス他)が用いられるが、どちらを優先的に用いるかには議論がある。閉経後患者を対象としたランダム化比較試験のメタアナリシスで、乳癌再発率、乳癌による死亡率のいずれも、アロマターゼ阻害薬の使用下で低いことが分かった。

ログインして全文を読む