ビスホスホネート製剤の投与が早期乳癌患者に及ぼすメリットについて検討するメタアナリシスで、投与開始時点で閉経していた患者では、骨転移や乳癌死のリスクが下がるというメリットがあることが分かった。ただし、患者が閉経前の場合、骨転移の抑制効果などはわずかにしかみられなかったという。

ログインして全文を読む