中国の第三軍医大学とChongqing Kangwei Biotechnology社は、ピロリ菌に対する経口ワクチンを開発。中国江蘇省CDCのMing Zeng氏らは、6〜15歳の非感染小児およそ4500人を対象にプラセボ対照試験を行い、3回のワクチン投与による感染予防効果を示す結果を得た。

ログインして全文を読む