中等症から重症の尋常性乾癬患者を対象とした2件のフェーズ3試験、UNCOVER-2とUNCOVER-3で、抗体医薬イクセキズマブ(ixekizumab)に既存薬を上回る効果があることが確認された。12週目の評価で、プラセボや抗TNF薬のエタネルセプトと比べ、PASIスコアなどで評価した皮膚病変の改善度が有意に高く、78〜90%の患者でPASIスコアの75%以上の減少(PASI75)が認められたという。

ログインして全文を読む