英London大学衛生熱帯医学大学院のAntonio Gasparrini氏らは、日本を含む13カ国を対象に、死亡率が最低になる「最適気温」と、それより高い気温または低い気温に起因する死亡の割合について調査。暑さより寒さが原因で死亡する人が多いことを見いだした。

ログインして全文を読む