吸入ステロイド(ICS)と長時間作動性β刺激薬(LABA)を使用していても増悪が見られる重症の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に、経口薬のロフルミラスト(roflumilast、日本では未承認)を追加投与すると、増悪の頻度が低下することが明らかになった。

ログインして全文を読む