市中肺炎で入院した患者にステロイドを7日間経口投与すると、体温や呼吸数などのバイタルサインが安定するまでの期間が、およそ1日半短くなることが明らかになった。入院期間や抗菌薬の静注投与期間も、約1日ずつ短くなったという。

ログインして全文を読む