腸管切除後のクローン病患者に実施する2つの管理戦略を比較したランダム化試験で、手術時に評価した再発リスクレベルに応じた薬物療法をただ継続するよりも、半年後に内視鏡検査を実施して薬物療法を見直す方が、18カ月後の再発率が有意に低くなることが明らかになった。

ログインして全文を読む