非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者を対象にした胆汁酸の合成誘導体である6-エチルケノデオキシコール酸(obeticholic acid)の第2相臨床試験FLINTの結果、同剤の投与により肝臓に組織学的改善が認められた。米Saint Louis大学のBrent A Neuschwander-Tetri氏らが、Lancet誌電子版に2014年11月7日に報告した。

ログインして全文を読む