スタチンは、3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA還元酵素(HMGCR)を阻害することによりLDLコレステロール(LDL-C)濃度を下げ、心血管疾患リスクを低減する。スタチンによる2型糖尿病リスク上昇の少なくとも一部は、HMGCR阻害作用から生じている可能性が遺伝子解析やランダム化比較臨床試験(RCT)のメタアナリシスの結果として示された。英国University College LondonのDaniel I Swerdlow氏らが、Lancet誌電子版に2014年9月24日に報告した。

ログインして全文を読む