妊婦への無細胞型百日咳ワクチン接種プログラムを2012年10月に開始した英国では、生後3カ月未満の乳児における百日咳罹患が91%減少していることが示された。英国Public Health EnglandのGayatri Amirthalingam氏らが、Lancet誌電子版に2014年7月16日に報告した。

ログインして全文を読む