小児における難治性の頻回再発型ネフローゼ症候群(FRNS)とステロイド依存性ネフローゼ症候群(SDNS)に対して、リツキシマブまたはプラセボを投与するランダム化比較試験(RCT)の結果、リツキシマブの有効性と安全性が示された。神戸大小児科の飯島一誠氏らが、Lancet誌電子版に2014年6月23日に報告した。

ログインして全文を読む