成人後にアスペルガー症候群と診断された患者における自殺念慮リスクは、一般成人の9倍以上で、うつ病が危険因子であることなどが臨床調査データの後ろ向き解析の結果として示された。英Cambridge大のSarah Cassidy氏らが、Lancet Psychiatry誌電子版に2014年6月25日に報告した。

ログインして全文を読む