パーキンソン病の第一選択薬として、レボドパとドパミン作動薬、B型モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO-B阻害薬)が広く用いられている。それら薬剤の影響を7年間にわたり、患者の自己申告に基づくQOL を指標に比較したところ、わずかではあるがレボドパが他の薬剤に優ることが示された。PD MED Collaborative Groupに属する研究者らが、Lancet誌電子版に2014年6月11日に報告した。

ログインして全文を読む