新生児の無症候性先天性心疾患のスクリーニングに、パルスオキシメーターによる酸素飽和濃度(SpO2)測定を追加すると、危機的および重大な心疾患の検出精度が高まること、この方法は広範なスクリーニングに適していることが、中国で行われた新生児を連続的に登録した大規模研究の結果として示された。中国復旦大学のQu-ming Zhao氏らがLancet誌電子版に2014年4月23日に報告した。

ログインして全文を読む