ゾタロリムス溶出ステントとシロリムス溶出ステントを比較したSORT OUT III試験の5年時点の比較で、両群間に有意差を認めないことが示された。デンマークAarhus大のMichael Maeng氏らが、Lancet誌電子版に2014年3月14日に報告した。

ログインして全文を読む