筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する栄養介入がシンプルで低コストかつ安全な治療法の一つになる可能性が小規模なフェーズ2ランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。米Harvard大のAnne-Marie Wills氏らが、Lancet誌電子版に2014年2月28日に報告した。

ログインして全文を読む