北欧5カ国の小児がんサバイバーを長期にわたって追跡し、マッチするコントロール集団と比較したALiCCSスタディの結果、小児がんサバイバーでは内分泌疾患のリスクが4.8倍に上昇していることが示された。デンマークCancer Society Research CentreのSofie de Fine Licht氏らが、Lancet誌電子版に2014年2月18日に報告した。

ログインして全文を読む