思春期に不安やうつ状態を訴える患者は、思春期における症状継続期間が長い方ほど成人後にも症状が残りやすいこと、症状継続リスクは女性の方が高いことなどが、14年にわたるコホート研究を解析した結果として示された。オーストラリアMelbourne大のGeorge C Patton氏らが、Lancet誌電子版に2014年1月16日に報告した。

ログインして全文を読む