幾つかの大気汚染物質の死亡への影響を検討した研究の結果、PM2.5への長期曝露で死亡リスクは有意に上昇し、欧州で設定されている曝露上限値に達しないレベルでも死亡リスクが有意に高まることが示された。オランダUtrecht大のRob Beelen氏らが、Lancet誌電子版に2013年12月9日に報告した。

ログインして全文を読む