静脈性の下肢潰瘍に対する標準治療となっている4層の圧迫包帯の臨床的な効果とコストを、2層の圧迫ストッキングと比較したランダム化比較試験(RCT)VenUS IVの結果、これらの治療の効果は同様で、圧迫ストッキングの方が安価であることが示された。英York大のRebecca L Ashby氏らが、Lancet誌電子版に2013年12月6日に報告した。

ログインして全文を読む