脳卒中ハイリスク患者を対象に、経皮的血管形成・ステント留置術(percutaneous transluminal angioplasty and stenting:PTAS)と積極的な薬物療法を比較したランダム化比較試験(RCT)SAMMPRISを約3年追跡した結果、薬物療法の方が転帰良好であることが示された。米Washington大医学部のColin P Derdeyn氏らが、Lancet誌電子版に2013年10月26日に報告した。

ログインして全文を読む