開腹手術の際に癒着防止材を適用して有効性と安全性を調べたランダム化比較試験(RCT)を対象に、系統的レビューとメタ解析を行った結果、酸化再生セルロースとヒアルロン酸カルボキシメチルセルロースで癒着イベント防止効果が確認された。オランダRadboud大学Nijmegen医療センターのRichard P G ten Broek氏らが、Lancet誌電子版に2013年9月27日に報告した。

ログインして全文を読む