輸血のまれな合併症と考えられていた輸血関連急性肺損傷(TRALI)は、この約10年間の研究の進展により、輸血関連死亡の主な原因と見なされるようになっている。オランダAmsterdam大学医療センターのAlexander P J Viaar氏らは、TRALIの発生機序、罹患率、危険因子、臨床像、治療法、予防策などの情報をまとめ、Lancet誌2013年9月14日号に報告した。

ログインして全文を読む