PCIを受ける患者へのカングレロール投与は、クロピドグレル、プラセボに比べ48時間以内と30日以内の血栓性合併症リスクを低減することが、3件の二重盲検ランダム化比較試験(RCT)のプール解析で明らかになった。軽症の出血リスクはカングレロール群で有意に高かった。フランスParis-Diderot大学のPhilippe Gabriel Steg氏らが、Lancet誌電子版に2013年9月3日に報告した。

ログインして全文を読む