冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者を対象に、遠隔虚血プレコンディショニング(remote ischaemic preconditioning)を行うと、CABG後の心筋損傷が軽減されることが二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。全死因死亡も有意に少なかった。独Essen 大学病院のMatthias Thielmann氏らが、Lancet誌2013年8月17日号に報告した。

ログインして全文を読む