精神疾患を併発しているてんかん患者では外因性の若年死亡リスクが、一般集団と比べて11倍と高いことが、スウェーデン国民の情報を用いた集団研究の結果として示された。英Oxford大学のSeena Fazel氏らが、Lancet誌電子版に2013年7月22日に報告した。

ログインして全文を読む