慢性腎疾患(CKD)患者における高リン酸血症予防に推奨されているリン吸着薬のうち、カルシウム(Ca)含有製剤に比べてCa非含有製剤の全死因死亡リスクが22%低いことが、系統的レビューとメタ解析の結果として示された。カナダToronto大学のSophie A Jamal氏らが、Lancet誌電子版に2013年7月19日に報告した。

ログインして全文を読む