大気汚染物質の急性曝露が非代償性心不全による入院と死亡にも関係することが、系統的レビューとメタ解析の結果として示された。英Edinburgh大学のAnoop SV Shah氏らが、Lancet誌電子版に2013年7月10日に報告した。

ログインして全文を読む