出生直後の新生児の気道の分泌物を除去する際、鼻腔口腔咽頭吸引を行った場合と、鼻と口をぬぐった場合で、その後24時間の呼吸数への影響には差が見られないことが、米Alabama大学Birmingham校のJohn Kelleher氏らによって示された。論文は、Lancet誌電子版に2013年6月3日に掲載された。

ログインして全文を読む