NEJM誌に続いてLancet誌も、中国での鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスに感染した患者の臨床データとウイルスの遺伝子に関する情報を掲載した。感染者から分離されたウイルスの遺伝子配列と、患者が鳥に接触した生鮮市場で売られていたニワトリから分離されたウイルスの遺伝子配列の相同性は高く、鳥からヒトへの感染が起きたと考えられた。中国Zhejiang大学のYu Chen氏らが、Lancet誌電子版に2013年4月25日に報告した。

ログインして全文を読む