複雑な冠動脈病変に対しては、冠動脈バイパス術(CABG)が経皮的冠動脈インターベンション(PCI)よりも予後良好であることが、多施設ランダム化比較試験(RCT)の5年後の解析で示された。ただし、複雑度が低い病変では有意差はなかった。独Leipzig大学ハートセンターのFriedrich W Mohr氏らが、Lancet誌2013年2月23日号に報告した。

ログインして全文を読む