原発性の自然気胸の標準治療となっている胸腔ドレナージに、ミノサイクリンを注入する胸膜癒着術を行うと、気胸再発リスクが有意に減少する。これは、国立台湾大学のJin-Shing Chen氏らによるオープンラベルの前向きランダム化比較試験(RCT)の結果で、詳細は、Lancet誌電子版に2013年2月18日に報告された。

ログインして全文を読む