Helicobacter pylori(H.pylori)の除菌において、従来の3剤併用療法に比べ、ランソプラゾール+アモキシシリンを7日間、その後ランソプラゾール+クラリスロマイシン+メトロニダゾールを7日間投与する逐次的治療(sequential treatment)の方が除菌率が高く、除菌の第一選択になり得ることが、国立台湾大学病院のJyh-Ming Liou氏らが行った無作為化試験で分かった。論文は、Lancet誌電子版に2012年11月16日に掲載された。

ログインして全文を読む