仕事にかかわる心理社会的ストレス(職業性ストレス)は冠疾患の独立した危険因子となる。だが、その影響は喫煙や肥満などに比べれば小さい―。そんなメタ分析の結果を、英London大学疫学公衆衛生学部のMika Kivimaki氏らが、Lancet誌電子版に2012年9月14日に報告した。

ログインして全文を読む