マクロライド系抗菌薬のアジスロマイシンが、嚢胞性線維症ではない気管支拡張症の患者の増悪頻度を半分以下にすることが、ニュージーランドMiddlemore 病院のConroy Wong氏らが行った無作為化二重盲検試験で明らかになった。論文は、Lancet誌2012年8月18日号に掲載された。

ログインして全文を読む