急性虚血性脳卒中の治療にシチコリンを用いても、偽薬と比較して90日後の転帰に有意差が認められないことが、スペインGermans Trias i Pujol大学病院のAntoni Davalos氏らが行った大規模無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2012年6月11日に掲載された。

ログインして全文を読む