耳鳴りの重症度の低下やQOLの改善に、耳鳴り順応療法(tinnitus retraining therapy)と認知行動療法を中心とする専門的ケアが有効であることが、オランダMaastricht大学のRilana FF Cima氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌2012年5月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む