新生児を対象としたパルスオキシメーターによる先天性心疾患スクリーニングは、偽陽性が非常に少なく、特異度が高いことが、英Queen Mary大学のShakila Thangaratinam氏らが行った系統的レビューとメタ分析で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2012年5月2日に掲載された。

ログインして全文を読む