インターロイキン-6受容体(IL-6R)を介した炎症誘導が冠動脈疾患のリスクを上昇させることを示唆する、2件の大規模なメタ分析の結果が、Lancet誌電子版に2012年3月14日に掲載された。

ログインして全文を読む