重症の川崎病患者に対する免疫グロブリン(γグロブリン)+アスピリンの標準的な初期治療に、プレドニゾロンを追加すると、冠動脈病変の発生を抑制できることが、群馬大学医学部の小林徹氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2012年3月8日に掲載された。

ログインして全文を読む