早期の非小細胞肺癌(NSCLC)の術後の転帰について、従来から用いられている病期分類よりも正確に転帰不良の患者を同定できるアルゴリズムを、米California大学San Francisco校(UCSF)のJohannes R Kratz氏らが開発した。14個の遺伝子の発現を定量的PCR法で分析し、データをスコア化して5年間の死亡リスクを低、中、高に分類する方法で、詳細は、Lancet誌電子版に2012年1月27日に報告された。

ログインして全文を読む