局所進行胃癌に対するD2郭清術後にXELOXレジメンを用いた術後補助化学療法を6カ月行うと、術後観察のみの場合に比べて3年無病生存率が有意に向上することが明らかになった。韓国Seoul国立大学のYung-Jue Bang氏らが行ったオープンラベルの無作為化フェーズ3試験によるもので、論文は、Lancet誌電子版に2012年1月7日に掲載された。

ログインして全文を読む