性器ヘルペス感染症の原因の1つである単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)の感染者では、抗ウイルス薬を高用量投与している期間中も、性器からの短時間のウイルス排出が少なからず発生していることが、米Washington大学のChristine Johnston氏らが行った無作為化クロスオーバー試験で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2012年1月5日に掲載された。

ログインして全文を読む