冠疾患が疑われる患者において、単光子放射型コンピュータ断層撮影法(SPECT)とマルチパラメトリック心臓MRI検査の冠疾患診断精度を比較した大規模前向き研究で、心臓MRIの優越性が示された。英Leeds大学のJohn P Greenwood氏らが、Lancet誌2012年12月23日号に報告した。

ログインして全文を読む