慢性的な虚血性心筋症に起因する重症の心不全を呈する患者を対象に、冠動脈バイパス術(CABG)時に心組織約1gを採取して心臓幹細胞を分離培養し、冠動脈に注入する世界初のフェーズ1試験が行われた。米Louisville大学のRoberto Bolli氏らによると、移植により左室機能やQOLの有意な改善と梗塞部位の縮小などが確認されたという。論文は、Lancet誌電子版に2011年11月14日に掲載された。

ログインして全文を読む